検索
  • Go Beyond

スポーツを通した異文化ドイツってどんなところ?🇩🇪ドイツのスポーツを覗いてみよう ~Go Beyondな日常 DAY4~

こんにちは!Go Beyondな日常、Day4をお送りさせていただくのは、広報セクション3年生の佐藤里咲(さとうりさ)です!よろしくお願いします🤲


私はドイツ文学科に所属しているのですが、今回は少しドイツについて、またドイツのスポーツ事情も交えてお伝えしたいと思います!


皆さんドイツと聞くと何を思い浮かべますか?

ビール、サッカー、ソーセージ、クリスマスマーケットなどなど…


沢山ありますが、やっぱり一周回ってビールですかね🤔笑


私は中高をドイツで過ごしたのですが、予想通りドイツ人は大のビール好きで、お祭りが開かれれば余裕で1リットルのジョッキを何杯も飲み干していました👀



(ドイツ、エアランゲンのBergkirchweih というお祭り)



私はあまりビールが好きではないので、周りの友達が飲んでいる横でプレッツェル🥨やらお菓子🍭やら食べてました笑

ちなみにドイツでは16歳からビールの飲酒が可能です!


そしてもちろん、ドイツ人は大のサッカー好きでもあります!なんといってもドイツの総人口に占めるサッカー競技人口の割合は約20%と世界一😳

日本はドイツより人口は多いですが、サッカー人口の割合は3.8%と歴然たる違いです…!

私も周りのドイツ人のサッカー愛に感化されて今ではサッカー観戦が大好きです。





私はドイツのバイエルン州に住んでいたのでもちろんバイエルン・ミュンヘン推しです!笑


さて、そんなサッカー好きのドイツ人ですが、一体どこでスポーツをするのでしょうか?


実はドイツには日本の学校にあるような「部活動」はありません。その代わりどの地域にもスポーツクラブが存在します。


スポーツクラブはドイツ語で“Sportverein“(シュポートフェアライン)と呼ばれ、全国に約9万も存在しています!その多くがなんと100年以上もの歴史があるそうです😲


ドイツの子供たちはスポーツクラブで自分の興味のあるスポーツ活動に参加し、学校や家とは別の「第3」の居場所を見つけます。


学校は勉強をする場所。

家は家族と過ごしリラックスする場所。

スポーツクラブは放課後や土日にスポーツをする場所。


自由で多様な人間関係を築ける場所、また日常的にスポーツに触れ合える場所として、年齢層関係なく幅広く利用されています!


また自分の選択した曜日・時間帯に重なった人たちとスポーツをするので自然と仲良くなることが多いです(^^)その地域に住む人がほとんどなので、おすすめの場所や美味しいご飯屋さん🍚の話も聞くことができるかも?


普段からスポーツに触れ合える場所が整っているからこそ、ドイツは様々な大会でスポーツ強豪国なのかもしれませんね^ ^





今回はドイツについて、そしてドイツのスポーツ事情に触れましたが、Go Beyondには海外経験を持ったメンバーが数多く所属しています!

国も様々なので、話を聞いていてとても新鮮で面白いです💡

今のご時世、なかなか海外旅行や留学に行くことができませんが、これを読んで「そうなんだ!」「あ、それ知ってるー!」などと感じてもらえれば嬉しいです!


近い将来行けることを楽しみに頑張っていきましょう〜💪

最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに〜!



参考文献:

在日ドイツ商工会議所「スポーツが身近なドイツ 地域のスポーツクラブからオリンピックまで」

https://japan.ahk.de/jp/infothek/japan-im-ueberblick/motto-doitsu/052019-iwamoto


The Answer スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

https://the-ans.jp/column/114786/

0件のコメント

最新記事

すべて表示

◎皆さんこんにちは!かつてGo Beyondの広報セクションメンバーが一人ずつ投稿していた「日常の些細なこと」について綴るブログ "Go Beyondな日常"が、カテゴリー・セクションの垣根を越えて帰ってきました!今回からはGo Beyondのあらゆるセクション・カテゴリーのメンバーが それぞれの"Go Beyondな日常"についてシェアしてくれます。記念すべき初回は次世代育成カテゴリーと2020